*

毎月100万円稼ぐトップセールスが大事にする営業の基本

      2017/01/20

《初対面の好印象はトップセールスへの第一歩》

2016y01m28d_223240451

飛び込み営業の基本は、
人として好印象を持ってもらうことです。

何も知らない初対面の人から
「話を聞こう」と思ってもらうためには、話の内容はともかく、
営業担当者に対する印象がいちばん大事なんです。

私は新人の頃、地図を片手に決められたエリアを片っ端から飛び込んでいました。

今から思えば、飛び込み営業に慣れるだけが目的で
歩き回っているようなものでした。

最初の数か月間は、
それはそれで無駄ではなかったとは思います。

とはいえ、
さすがに断られ続けるとモチベーションを
保つにはつらかったですね。

どうせ次も門前払いかと、
勝手に思い込んで訪問を続けていた時期もありました。
おそらくそれは表情に出ていたでしょうね。

あなただったら、
暗い表情の人の話なんか聞こうとは思いませんよね。
売れるわけがありません。

ある調査では、
次のようなポイントで第一印象は判断されているそうです。

1位.表情の明るさ
2位.笑顔が自然
3位.目線を合わせて話す
4位.表情の豊かさ
その他、声のトーン、服装などがあります。

仮に、あなたが営業を受ける立場であったら
どこを見ますか?

やはり、
きちんとした服装やヘアスタイル、それにビジネスマンとして
信頼できる話し方などになるでしょう。

飛び込み営業で、
初めて訪問して1回目で契約をもらえることなど、
まずありえません。

初回飛び込みで好印象を持ってもらえれば、
次の訪問もしやすいしその後の展開に好影響を与えます。

二の矢を放ちやすくなります。

ですから、
初回飛び込み営業では、表情、服装や話し方、立ち居振る舞いに
特に気をつけなければなりません。


《飛び込み営業の目的を理解しよう!》

飛び込み営業の目的は見込み顧客づくりです。
見込み顧客が多ければ多いほど契約率も上がってきます。

毎月100万円を稼ぐようなトップセールスは、
見込み顧客をたくさんキープしています。

見込み顧客作りは
初回の訪問を契機に、これから継続的な訪問を続けて
信頼関係を築くことなんです。

相手に好印象を持ってもらえば話を聞いてもらえます。

好印象を与えないと説明も聞いてもらえません。

信頼関係が築ければ見込み顧客のほんとうのニーズを
つかむことができるのです。
自然に契約率も上がってくるんです!

 

《初対面の人に好印象を与えることは誰でもできます》

断られて当たり前の飛び込み営業です。

それでも最低限のマナーは守らなければ、
何回飛び込みを繰り返しても成果はでません。

失礼な態度では誰も話など聞いてはくれません。

忙しい時間帯は訪問は避ける。
時間帯は業種によってそれぞれですが、
注意する必要があります。

忙しい!と言われたら
長居せずに直ぐに失礼することです。

初回訪問は長々と話し続けずに、
訪問目的を告げ、説明は簡単に。

好印象をもってもらうためにも、大きな声をだすのはNGです。
適度な声の大きさで自信をもって話すことです。

~表情の明るさ~
嫌なことは気持ちを切り替えて、どんな時でも爽やかは表情で
次の訪問先へ向かうことです。
心が折れてしまうと次の訪問もうまくいきません。
“自身の無さそうな人”、“余裕の無い人”から商品の説明を
受けても聞こうとはおもいません。

~笑顔~
自然な笑顔で接してください。
たとえ断られても笑顔でお礼を言ってください。
今回は縁がなかったとしても、次回はわかりません。

~身だしなみ~
清潔感が大事です。
高価なものでなくてもよく手入れされたものを使うことです。


《難しくありません! すぐに取り組んで!》

飛び込み営業を始めた頃は断られることが続きます。

マナーや話し方などを工夫しながら続けていけば、
メンタルも強くなり、話を聞いてくれる個人や会社が
増えてきます。

けっして難しいものではありません。
悩んでいる営業マンは
今日からでも取り組んでください!

 

 - 営業の基本